伊首相、EU財政規律の柔軟な適用要請 新政権発足後初会談

(VOVWORLD) -イタリアのコンテ首相は11日、訪問先のブリュッセルでフォンデアライエン次期欧州委員長と会談し、イタリアがより長い時間をかけて債務削減に取り組めるよう要請しました。

イタリアでは10日、上院が下院に続き「五つ星運動」と「民主党」で構成される新政権を承認しました。 コンテ首相は新政権発足後初めてブリュッセルを訪れ、EU=欧州連合の執行機関である欧州委に対し、EUの財政規律の柔軟な運用のほか、移民・難民に関する規則の変更を改めて要請しました。


コンテ首相は記者団に対し「われわれは債務削減を目標に掲げているが、経済を成長させ、投資を促進しながら削減していきたい」とし、財政目標達成には「時間が必要だ」と訴えました。

このほか、イタリア政府が長期的な視野で改革を実行できるよう、EUとの協定を求めていることも明らかにしました。これにはEU財政規律のより柔軟な解釈が必要になる可能性があります。

ご感想

他の情報