党中央委員会総会、人事問題を討議

(VOVWORLD) - 既にお伝えしましたように、 11日午前、ハノイで、グエン・フ・チョン党書記長・国家主席の主宰の下、第12期党中央執行委員会第12回総会が開幕しました。
党中央委員会総会、人事問題を討議 - ảnh 1           会議の様子

開幕式で発言に立ったチョン氏は人事問題に触れ、「党の最高機関である党中央執行委員会を、核心的なリーダーシップと全党・全民族の統一の象徴にしなければならない。これは、党と民族の運命及び国の将来に係わる非常に重要な課題である」と強調しました。

これに対し、科学者や、知識人を含め国民各層は賛同しています。ホーチミン国家政治学院のグエン・ミン・トゥアン博士は、才能と道徳を兼ね備えた幹部と選択型人事制度の重要性を強調し、次のような見方を示しています。

(テープ)

「党中央執行委員会は今大会の人事問題に対し、慎重な姿勢を示しています。また、前期の各大会から教訓を引き出しています。こうした中、各支部の役割は非常に重要です。」

一方、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のファム・テ・ズエット元議長は組織委員会の役割を強調し、次のように語りました。

(テープ)

「それぞれのレベルの党委員会は責任を負わなければなりません。特に、党と国民に対する責任感を高めなければなりません。党中央人事委員会や、書記局は、具体的な基準を定めるよう提案します。」

新期の党中央委員会、書記局、政治局の構築は重要な任務とみなされています。そして、第13回党大会で選出された幹部が国の発展事業の要求を満たせる人物でなければなりません。これは全国民の願望となっています。

ご感想

他の情報