党建設に関するホーチミン主席の遺言の履行50周年の座談会

(VOVWORLD) -12日午前、ハノイで、ホーチミン国家政治学院は、ベトナム共産党機関紙「ニャンザン」紙と連携して、「党建設に関するホーチミン主席の遺言の履行50周年」をテーマにした座談会を開催しました。
党建設に関するホーチミン主席の遺言の履行50周年の座談会 - ảnh 1     座談会の様子=Văn Điệp – TTXVN

席上、ホーチミン国家政治学院院長のグエン・スアン・タン博士は次のように語りました。

(テープ)

「私たちは、党建設事業に対するホーチミン主席の遺言の価値と重要性について深く理解するようになっています。遺言の中で、ホーチミン主席は、党建設を全面的かつ日常的に行うよう求めました。党は、今日の新たな背景の中で、革命事業を成功理に指導し、また、強固で清潔になるためには、絶え間なく刷新し、自己研磨しなければなりません」

座談会で、参加者らは「ホーチミン主席の教えに従って、この50年間、ベトナム共産党は、政治面でも、思想面でも、組織面でも、道徳面でも絶え間なく粛正してきた。現在の段階における党建設を効果的に実現させる為には、党の強力と規律性を高め、党の民主主義的原則を厳粛に実現する必要がある。」と訴えました。

ご感想

他の情報