「八月革命」の勝利、国の建設事業に原動力

(VOVWORLD) - 8月19日の8月革命の勝利75周年にあたり、ベトナムの有力な新聞は揃って、この勝利に関する記事や社説を掲載しました。その中で、8月革命の勝利は民族の祖国建設防衛事業における輝かしい節目であり、党の指導の下、獲得したベトナム人民軍と国民の大きな勝利となったと伝えています。

また、この勝利のお陰で、ベトナムは奴隷の国から、立ちあがり、独立を勝ち取ったのち、民族独立を社会主義と結び付ける発展路線を辿っているとしています。

ベトナム人民軍機関紙「クアンドイニャンザン」は社説の中で、ドイモイ=刷新事業が開始されてからこのおよそ35年間、ベトナムの全党、全国民、全軍は8月革命の精神を発揮し、刷新事業と国際参入を精力的に推進してきたと明らかにしました。また、8月革命は各世代のベトナム人に原動力をつけ、工業化・現代化事業、「豊な国民、強固な国、公正な社会、民主、文明」という目標の達成に尽力することを働きかけるものとなっているとしています。

一方、ベトナム共産党機関紙「ニャンザン」は第1面に「国の建設事業の底力」というタイトルの社説を掲載し、その中で8月革命は国際的意義があり、植民地の人々に民族独立を勝ち取るため、立ち上がるよう鼓舞するものとなったと強調しました。また、8月革命の勝利はベトナム国民に自力自強の精神を発揮し、任務を全うし、迅速で持続可能な発展を遂げるため、原動力をつけるとしています。

ご感想

他の情報