「労働者月間」始まる

(VOVWORLD) - 10年目となった今年の「労働者月間」の際に、労働安全衛生の確保や、「7万5000件のイニシアティブ」プログラム、労働者の権利保護など複数の活動が開催されます。

メーデー135周年記念日にあたり、5月1日、ベトナム労働総連盟は「団結・創造・困難解決・発展」をテーマにした「労働者月間」をスタートさせました。10年目となった今年の「労働者月間」の際に、労働安全衛生の確保や、「7万5000件のイニシアティブ」プログラム、労働者の権利保護など複数の活動が開催されます。

これらの活動に関し、労働総連盟のゴ・ズイ・ヒェウ副会長は次のように語りました。

(テープ)

「まず、労働者階級の輝かしい伝統や、労働組合、労働者運動に関する第13回党大会決議の内容などに関する宣伝・啓蒙・教育活動を強化することです。それぞれの労働者は祖国と民族の渇望を理解したうえで、自らの渇望を実現する必要があります。また、『7万5000件のイニシアティブ』プログラムを通じて、労働者の創造力を励まし、労働者階級のインベンション・イノベーションを促進していきます。これらのイニシアティブは困難解決や、党大会決議の実施などに役立つと期待されています。今後も労働者らの団結精神が高まっていくよう望んでいます。」 

このように語ったヒェウ副会長は、「労働安全衛生の確保もの今年の重要な課題となっており、現在の新型コロナウイルス感染症との闘いと関係がある」と明らかにしました。 

ご感想

他の情報