北朝鮮 キム委員長が出席し党会議 経済立て直す姿勢強調へ

(VOVWORLD) - 朝鮮民主主義人民共和国でキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が出席して、党の政治局会議が開かれ、化学工業の発展などについて話し合われました。制裁や新型コロナウイルスの影響で打撃を受ける中、国内経済を立て直す姿勢を強調するねらいとみられます。
北朝鮮 キム委員長が出席し党会議 経済立て直す姿勢強調へ - ảnh 1 キム・ジョンウン委員長(写真:YONHAP/TTXVN)

8日付けの朝鮮労働党機関紙、「労働新聞」は、キム・ジョンウン委員長が出席して7日、党の政策を決定する政治局会議が開催されたと伝えました。

会議では、化学工業を柱とした経済の自立やピョンヤン市民の生活保障などについて話し合われたということです。

朝鮮民主主義人民共和国では、制裁が続いている上、新型コロナウイルスの感染対策の一環で、中国やロシアとを結ぶ航空便や列車を停止していることから経済が打撃を受けています。

こうした中、会議を通じて国内経済を立て直す姿勢を強調するねらいとみられます。

一方、朝鮮民主主義人民共和国は、韓国の脱北者が先月、キム委員長を批判するビラを飛ばしたことを受けて南北接触の窓口となっている共同連絡事務所を閉鎖するとしていて、今後も対抗措置を続ける構えを見せています。

7日の会議では、韓国への対応については議題になりませんでしたが、「労働新聞」は、朝鮮民主主義人民共和国国内で、韓国への抗議集会が相次いで開かれていることを伝えており、今後の出方が注目されます。(NHK)

ご感想

他の情報