南クリル諸島の日本の元島民、チャーター機で上空から慰霊へ

(VOVWORLD) - 新型コロナウイルスの影響で南クリル諸島(北方4島)を日本人が訪れるビザなし交流事業の見通しが立たず、日本の元島民たちはチャーター機で上空から慰霊する可能性があります。
南クリル諸島の日本の元島民、チャーター機で上空から慰霊へ - ảnh 1     南クリル諸島=Shutterstock/TTXVN

5日水曜、NHKが伝えたところによりますと、北海道がチャーター機を出して南クリル諸島の周辺を飛行し、元島民らが上空から慰霊を行うことを計画しているということです。

また、「今回の事業は上陸はしないものの、元島民らに少しでも島に近づいて慰霊してもらおうという極めて異例の対応」と報じています。

今年4月、日本政府は5月開始を予定していたビザなし交流事業について、新型コロナの影響により延期を決定しました。

日本人と南クリル諸島に住むロシア人が相互に訪問するビザなし交流事業は、毎年日本側とロシア側によって協議、合意されており、例年5月から10月に行われます。

1992年以降、イトゥルプ(択捉)、クナシル(国後)、シコタン(色丹)の島民8000人以上が日本を訪れ、1万8000人以上の日本人が南クリル諸島を訪れました。(ParsToday)

ご感想

他の情報