南北通信ライン復旧 金総書記「朝鮮半島の平和を」

(VOVWORLD) - 通信連絡ラインを巡っては、朝鮮民主主義人民共和国が7月末に一旦、復旧させたものの、その後、夏の米韓合同軍事演習に反発し、8月10日以降、呼び掛けに応じない状態になっていました。
南北通信ライン復旧 金総書記「朝鮮半島の平和を」 - ảnh 12018年、板門店の共同警備区域(JSA)内の連絡事務所で北朝鮮側と通話する韓国側連絡官=AP/TTXVN

朝鮮民主主義人民共和国と韓国の間の通信連絡ラインが、およそ2カ月ぶりに4日午前に復旧しました。

朝鮮民主主義人民共和国は、4日朝、朝鮮中央通信を通じて、午前9時から南北通信連絡ラインを復旧させると発表し、韓国政府によりますと、実際に午前の定時連絡は正常に行われたということです。
金正恩総書記は、先月末の最高人民会議で「関係回復と朝鮮半島の平和を望む民族の期待と願いを実現する努力の一環」として、今月初めからの復旧を表明していて、それが実現した形です。
通信連絡ラインを巡っては、朝鮮民主主義人民共和国が7月末に一旦、復旧させたものの、その後、夏の米韓合同軍事演習に反発し、8月10日以降、呼び掛けに応じない状態になっていました。(テレビ朝日)

ご感想

他の情報