南北首脳の共同宣言と軍事合意は守られるべき 韓国大統領府

(VOVWORLD) -朝鮮民主主義人民共和国の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が、韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体が朝鮮民主主義人民共和国に向けて飛ばしている体制非難のビラを問題視する談話を発表したことを受け、韓国青瓦台(大統領府)の関係者は4日、「青瓦台は板門店宣言と軍事合意が守られなければならないとの立場に変わりない」と記者団に語りました。

与正氏の談話に対する言及は控えました。

南北首脳は2018年に相次ぎ首脳会談を行い、4月に板門店宣言を発表し、9月には会談に合わせて軍事合意が締結されました。青瓦台関係者の発言は、こうした南北合意がビラ問題で破棄されてはならないという意味合いのようです。

一方、統一部の呂尚基(ヨ・サンギ)報道官は同日の定例会見で、朝鮮民主主義人民共和国に向けてビラが飛ばされることが南北境界地域の緊張を高める要素になっているとの見解を示した上で、「境界地域の国民の生命と財産に脅威を招く行為は中断されるべきだ」と述べました。さらに「政府は緊張を高める行為を根本から改善できる方策を考慮している」としました。

この日は国家安全保障会議(NSC)常任委員会の定例会合が開かれる予定です。与正氏の談話が取り上げられるか、注目されます。

ご感想

他の情報