原油先物は上昇、OPECプラスの減産合意に期待

(VOVWORLD) -アジア時間の原油先物は前日に続き上昇しました。OPEC=石油輸出国機構にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」がこの日開くビデオ会議で減産合意に達するとの期待感が広がっています。

0034GMT時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.81ドル(2.5%)高の1バレル=33.65ドル。一時、33.90ドルまで上昇する場面もありました。

米WTI原油先物CLc1は1.08ドル(4.3%)高の1バレル=26.17ドル。一時は6%急伸していました。

ロシアが日量160万バレルの減産を行う用意があるとの報道や、アルジェリアのエネルギー相が「有意義な」会議になるとの期待を示したことを受け、9日の会議では日量1000万─1500万バレルの減産で合意に達するとの期待が高まりました。

OPECがこのような大規模な減産で合意したことはこれまでにありません。

ご感想

他の情報