台風6号、中部に上陸する予報で対策が進められる

(VOVWORLD) - 8日午前、ハノイで、自然災害予防対策中央指導委員会は会議を行い、台風6号、(国際名:ナクリー)の予防対策について討議しました。

ベトナム国立水文気象予報センターによりますと、台風6号は10日夜にも南中部沿岸地方クアンガイ省から同カインホア省にかけての地域に上陸する見通しです。これにより、ダナン市からニントゥアンまでの中部各省と高原地帯テイグエン地方で強風と豪雨が発生する予報が出ています。これを受け、自然災害予防対策中央指導委員会の委員長を務めるチン・ディン・ズン副首相は各地方に対し、台風を主導的に予防し、住民の命と財産の安全を確保し、堤防、ダムなどを補強するよう指示しました。

こうした中、中部各省は沖合いに出ている船舶に対し、危険な海域から避けるよう通知しました。8日午前現在、クアンガイ省のほとんどの船舶が陸に寄港しました。同省のビンソン県人民委員会のグエン・カウン・チュン副委員長は次のように語りました。

(テープ)

「沿海に漁をした船舶が安全な所に避難しました。ホアンサとチュオンサ両群島に漁を出た船舶に対して、台風の経路を通知し、最寄の港に向かうよう呼びかけています。」

なお、5日にベトナム東部海域(南シナ海)で発生した台風6号が、勢力を強めながらベトナム南中部沿岸に接近しています。

ご感想

他の情報