「合意なし」ならEU離脱延期要請=政府認めるもジョンソン英首相抵抗

(VOVWORLD) - 英各メディアは4日、英国と欧州連合(EU)が新たな離脱案で19日までに合意できなければ、野党発議で成立した法律に従って、月末の離脱を延期するようEUに要請することを政府が認めたと報じました。
「合意なし」ならEU離脱延期要請=政府認めるもジョンソン英首相抵抗 - ảnh 1写真提供:AFP

 離脱をめぐる訴訟で、北部スコットランドの裁判所に政府が提出した文書に記載されていたということです。

ただ、ジョンソン首相自身は「何があっても10月末にEUから出る」と繰り返しています。4日もツイッターで「新たな合意か、合意なき離脱かだ。延期はない」と強調しました。

政府は2日、EUに新たな合意案を提示しましたが、意見の隔たりは大きく、17、18両日のEU首脳会議で合意する見込みは薄いです。「首相は追い込まれた」と悲観的な見方が広がっています。(時事)

ご感想

他の情報