国会:国境警備法案の審査報告を討議

(VOVWORLD) - 21日午前の第14期国会第9回会議では国境警備法案に関する審査報告が発表されました。

報告によりますと、これまで、ベトナムの党、国家は独立、主権、領土保全、国境地域の安全保障に関する新たな立場と方針を示しましたが、これらの方針と立場が法制化されない限り、国境警備法を公布する必要があるとしています。

また、この法案は新たな状況で国境警備部隊をはじめ、人民武装勢力づくりに対する要求に応えるものでもあります。

審査報告の中で国会・国防安全保障委員会は国境警備法を公布する必要があることで合意を示しましたが、これは新たな法律であるため、この法案の影響を受ける対象の意見集約、ベトナムが締約した国際条約の評価、国境の管理、防衛に関するいくつかの国の経験参考を行なわなければならないとしています。

なお、国境警備法案は6月12日の全体会議で討議される予定です。

ご感想

他の情報