国会 ファム・ミン・チン氏を首相に選出

(VOVWORLD) - 5日午後、ベトナム国会は投票を行い、党中央組織委員会のファム・ミン・チン委員長を96.25%の賛成多数で首相に選出しました。
国会 ファム・ミン・チン氏を首相に選出 - ảnh 1ファム・ミン・チン新首相

首相の宣誓式で、ファム・ミン・チン氏は祖国と人民と憲法に忠誠を誓い、党・国家・人民が委託された任務を立派に果たすように全力を尽くしてゆくと公約しました。

宣誓式の後、発言に立ったチン新首相は、「これは光栄であり、重い責任でもある」と述べ、次のように語りました。

(テープ

「政府とその活動は国の発展事業と祖国の独立・主権・領土保全の確保事業に非常に重要な役割を果たすものであると、わたくしは深く認識しております。政府は、国会の実行機関として行政権を実行する国家の最高行政機関なので、憲法と法律に従って活動しなければなりません。この75年以上、特にドイモイ刷新事業が実施されるこの35年間、政府は多くの大きな成果を収め、祖国の建設防衛事業に貴重な経験と教訓を引き出しました。」

第13回党大会決議の展開を目指す対策について、チン新首相は次のように語りました。

(テープ)  

「まずは、第13回党大会決議の展開を具体化させる行動計画を作成し、その中で、6つの重点的な任務と3つの戦略的突破口に集中すること。第2に、社会主義を志向する国民の、国民による、国民のための法治国家の構築を加速させ、その中で、法の支配という精神を重要視し、行政改革をさらに進め、汚職防止対策を強化してゆきます。第3に、全てのリソースを国の発展事業に効果的に活用し、中でも、デジタル転換とデジタル経済の発展を重視すること。第4に、国の独立・主権・領土保全を断固として守るとともに、国防・安全保障・社会秩序を確保すること。また、全方位外交方針を堅持し、国際社会の責任あるメンバーとして国際社会に主体的かつ積極的に参入してゆきます。」

また、チン首相は、僻地や離島、山間部に住む人々や社会的弱者を始め、国民の社会福祉を強化してゆくと明らかにしました。

これに対し、国会議員らは、ファム・ミン・チン新首相がリーダシップを発揮させ、政府を効果的に運営することへの確信を表明しました。北部タイビン省選出のチャン・ヴァン・スィエン議員は次のように語りました。

(テープ)

「新首相の指導の下、政府は国会議員と国民の願望に応え、国の持続可能で急速な発展及び第13回党大会で出された目標を実現させるでしょう。」

なお、ファム・ミン・チン氏は1958年生まれで、中部タインホア省の出身です。第12期、第13期共産党の政治局員であり、第11、12、13期党中央委員でもあります。党中央組織委員会委員長、クアンニン省党委員会委員長、公安次官などを歴任しました。

ご感想

他の情報