国会 幹部・公務員法改正案を討議

(VOVWORLD) - 24日午前、ハノイで開催中の第14期国会第8回会議で、幹部・公務員法改正案について討議が行われました。
国会 幹部・公務員法改正案を討議 - ảnh 1 国会法律委員会のグエン・カック・ディン委員長

この改正案は、国家機関の幹部になる条件の一つとして公務員でなければならないという規定を排除するほか、国家機関に優秀な人材を登用するために公務員の採用作業を改革するものです。国会法律委員会のグエン・カック・ディン委員長は次のように語りました。

(テープ)

「優秀な人材とは広範な概念です。それぞれの部門・分野によって要求や条件が違いますから。そのため、この改正案で「優秀な人材」という概念を規定することはできないでしょう。それにしても、この改正案で「公務における才能ある人材」という概念を規定し、この人材に対する優遇政策を制定するよう必要があると思います。」

中部ニントゥアン省選出のダム・ティ・ミ・フォン議員も、国家機関に優秀な人材を誘致するために法整備を進める必要があるとの意見を出し、次のように語りました。

(テープ)

「幹部・公務員法改正案で「公務における才能ある人材」という概念を規定することに賛同します。優秀な人材を重視するという精神に基づいて改正すれば、国家機関に、より多くの優秀な人材を確保することができると思います。これにより、国家機関の活動の士気が上がるはずです。」

24日午後、国会はロンタイン国際空港プロジェクトの第1フェーズなどに関する報告について討議しました。

ご感想

他の情報