国全人代、5月22日開幕 

(VOVWORLD) -中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は29日、新型コロナウイルスの感染拡大後、延期していた全人代を5月22日に開幕することを決めました。
国全人代、5月22日開幕  - ảnh 1         (写真:Xinhua/TTXVN)
国営新華社通信が伝えました。常務委は「新型コロナ対策は改善を続け、経済や社会生活は徐々に正常な状態に戻った」として、全人代開催の条件が整ったと判断しました。
各国で新型コロナの感染拡大が続く中、習近平指導部はいち早く「正常化」を実現したと主張し、体制の優位性をアピールするとみられます。
全人代では、新型コロナのまん延によって大きな打撃を受けた経済を立て直す具体策が示されるかが焦点となります。例年、初日に経済成長目標を公表してきましたが、目標設定の見送りを求める意見も出ています。トランプ米政権は、新型コロナの発生後、習指導部が情報を隠蔽し対応が遅れたとして対中批判を強めており、全人代でどのような外交方針が示されるかも注目されます。

ご感想

他の情報