国連事務総長「ガザ地区の民間人死傷者数、容認できない水準」

(VOVWORLD) - 国連がイスラエルとハマス戦争の休戦を促す決議案を採択した中、国連のアントニオ・グテーレス事務総長が「民間人死傷者数を全く容認できない水準」とし、現在の状況を「人道主義的災難」と指摘しました。
国連事務総長「ガザ地区の民間人死傷者数、容認できない水準」 - ảnh 1国連のアントニオ・グテーレス事務総長=AP

現地時間の29日、ネパールを訪問中のグテーレス事務総長は、ネパールのプシュパ・カマル・ダハル首相との共同記者会見で、「ハマスが犯した恐ろしい攻撃を糾弾する」とし、「民間人を攻撃し拉致する行為は決して正当化できない」と述べました。

さらにグテーレス事務総長は、イスラエルがガザ地区に対する人道主義的休戦の代わりに軍事作戦を強化したことに対しても遺憾を表明しました。
また、「民間人死傷者数を全く容認できない」とし「戦争の悲劇と恐ろしい経験を通じて始まった国際人道法にともなう義務を尊重しなければならない」と強調しました。
グテーレス総長は、ガザ地区で200万人以上の人が生存に必要な食糧・水・避難所・医療などにアクセスが途絶えたまま、絶え間ない爆撃の対象になっていると明らかにしました。
また「責任あるすべての主体が崖っぷちから退くことを促す」として「現状況は人道主義的災難」と述べました。
そして、即時的な人道主義的休戦、すべての人質の無条件解放、ガザ地区住民の需要を満たす持続的な救済提供を繰り返し訴えました。
これに先立ち、国連加盟国は27日、緊急総会を開き、イスラエルとハマスに休戦を促す決議案を採択しました。
決議案は120カ国が賛成票を投じ、アメリカなど14カ国はハマスのテロ行為を糾弾する内容が含まれていないという理由で反対票を行使し、韓国など23カ国は棄権しました。(中央日報)

ご感想

他の情報