国連事務総長、「貧困に陥った人々の側に立とう」

(VOVWORLD) -10月17日の「貧困撲滅のための国際デー」にあたり、国連のグテーレス事務総長はメッセージを寄せ、「国際社会は、新型コロナウイルスの感染拡大中も終息した後も、貧困に陥っている人々の側に立って、彼らに必要な支援を提供せよ」と呼びかけました。
国連事務総長、「貧困に陥った人々の側に立とう」 - ảnh 1   グテーレス総長 (写真: Epthinktank.)

グテーレス総長は、「世界で最も貧しい人々にとっては、感染症の発生はダブル・パンチと言える。まず、貧困層はウイルスに感染するリスクが最も高いのに、良質な医療を受ける機会が最も少ない。次に、最新の推計では、今年は1億1500万人が新型コロナの影響で貧困に陥り、世界の貧困人口もここ数十年で初めて増加傾向に転じると見込まれている。中でも、女性は仕事を失う可能性がより高くなる上、社会保障を受ける可能性がより低いため、リスクもより高くなる」と述べました。

さらに、「こうした大変な時期において、世界は貧困と闘うために並々ならぬ努力を払う必要がある」と述べました。(japanese.cri.cn)

ご感想

他の情報