国連創設75年 米中対立の中 協力宣言採択

(VOVWORLD) - 国連の創設75年を記念する会合が開かれ、新型コロナウイルスなど地球規模の問題の解決に向けて国際的な協力の強化を目指す政治宣言が採択されました。

ただ、アメリカと中国が対立を深める中、国際社会が結束して行動することはますます難しくなっており、宣言をどう実行に移すかが課題です。

国連創設75年 米中対立の中 協力宣言採択 - ảnh 1      (写真提供:Khắc Hiếu/TTXVN)

この会合は21日、ことしの国連総会の主要な会合の1つとして開かれ、新型コロナウイルスなど地球規模の問題の解決に向けて国際協力の強化を目指すとする政治宣言が満場一致で採択されました。


このあと各国の演説が行われ、アメリカはトランプ大統領のビデオ演説を上映するとしていましたが、実際にはシャレー国連次席大使代行が演壇に立ちました。

シャレー次席大使代行はこの75年間、国連が果たした役割に一定の評価をする一方、「国連は透明性を欠き、専制国家や独裁国家の意図に影響されることがあまりに多い」と述べ、運営の在り方に苦言も呈しました。

一方、中国は習近平国家主席のビデオ演説を上映しました。

この中で習主席は「中国は常に多国間主義の実践者であり続け、国連を中心とした国際体制を断固として維持する」と述べ、自国第一主義を掲げるアメリカのトランプ政権を暗に批判しながら、国連を支えていく姿勢をアピールしました。

アメリカと中国という大国が対立を深める中、国際社会が結束して行動することはますます難しくなっていて、今回採択された政治宣言をどう実行に移すかが国連にとっての課題です。

国連総会では国連創設75年の記念会合に続いて日本時間の22日夜、各国の首脳演説が始まります。

ことしは新型コロナウイルスの感染対策のためホスト国のアメリカをはじめ各国の首脳は出席せず、史上初めて事前に収録したビデオを議場で流す形式で行われます。

例年、首脳演説が行われる期間中は国連本部前の道路と歩道が封鎖されますが、ことしは、警察官の姿はあるものの、ふだんと変わらずに市民がジョギングや散歩する姿が見られました。(NHK)

ご感想

他の情報