国連安保理、パレスチナ決議案を提出

国連安保理、パレスチナ決議案を提出 - ảnh 1
パレスチナ指導部の会議 (写真:THX)

(時事)国連安全保障理事会の非常任理事国ヨルダンは17日、イスラエル・パレスチナ紛争に関し、採択から1年以内に包括和平を達成する必要性を明記したパレスチナ主導の決議案を提出しました。ロイター通信などが報じました。

決議案は理論的には18日にも採決可能ですが、パレスチナのマンスール国連大使は17日記者団に、理事国と交渉を続ける意向を表明しました。採決はすぐには行われない見通しです。

和平交渉が進展しない中、パレスチナ側はこの数カ月間、和平プロセスで期限を切った決議案の提出を模索していました。10月にはイスラエルが2016年11月までに占領地から完全撤退するよう求める決議案が理事国に配布されました。

ご感想

他の情報