国際社会の声に耳を傾けるよう米国個別政治家に督促=外交部

(VOVWORLD) - 中国外務省の趙立堅報道官は19日に北京で開かれた定例記者会見で、「アメリカの個別な政治家が国際社会の声に耳を傾け、中米関係を協調、協力、安定的な発展軌道に戻し、共に世界の平和、安定と発展を維持するよう希望する」と述べました。
国際社会の声に耳を傾けるよう米国個別政治家に督促=外交部 - ảnh 1       中国外務省の趙立堅報道官

報道によりますと、国連のグテーレス事務総長は18日、「アメリカと中国の関係が今ほど均衡を失ったことはない。エスカレートしつつある緊張関係は世界を二つのグループを分けることになる。これは世界にとって極めて大きなリスクだ」と警告したということです。

これを受けて、趙報道官は「現在、中米関係が厳しい困難に直面している原因はアメリカ政府が一方的に紛争を引き起こしたうえで、中国の内政干渉や利益損害など中米関係をひどく損なう言動、行動をとっていることにある」と指摘しました。さらに「アメリカのこうしたやり方は人心に背き、中米両国の有識者さらに世界中の平和愛好者から厳しく批判されている。そのため、アメリカの個別の政治家に対して、中米両国および世界各国の国民の福祉の観点から、国際社会の声に耳を傾け、古い冷戦思想を捨てて、客観的に中国および中米関係を取扱い、中国と同じ方向へと歩み寄るよう期待している」と述べました。(CRI)

ご感想

他の情報