報道機関、敵対勢力と戦う鋭い武器となるべき

(VOVWORLD) - 15日夜、ハノイのオペラハウスで中央組織委員会は共産党機関紙「ニャンザン」やベトナムテレビ局、ベトナムジャーナリスト協会と協力し、「ブア・リエム・バン(Bua liem vang)」という党建設に関する第4回全国報道コンクールの結果を発表する会と、授賞式を行ないました。
報道機関、敵対勢力と戦う鋭い武器となるべき - ảnh 1

グエン・スアン・フック首相が列席しました。 授賞式でA賞5点、B賞10点、C賞15点、およそ25点の奨励賞が授与されました。ベトナムの声放送局はA賞2点を獲得しました。

席上、グエン・スアン・フック首相は「党建設をテーマにした報道は特別な意義がありますが、難しい任務でもある。記者は党の革命事業や社会のあらゆる分野に関する広い知識を身に付けるだけでなく、情熱と政治的本領を向上させ、革命事業に奉仕するという精神を発揮しなければならない」と強調しました。また、それぞれの記者、報道関係者に対し、絶え間なく身心を練磨し、政治的本領を固め、党、国民、社会全体に対する責任感を掲げ、ベトナムの革命報道事業に貢献するよう希望を表明しました。フック首相は次のように語りました。

(テープ)

「新たな背景の中で、ベトナムの報道機関は党、国家、政治・社会・職業団体の代表として発言力を高め、国民の信頼にたるフォーラムであると同時に敵対勢力、不祥事と戦う鋭い武器となり、国民の合法的な権利の保護に尽力しなければなりません。また、ジャーナリスト、編集員らは活動を刷新し、党建設と社会のあらゆる分野を反映するため、宣伝啓蒙を精力的に行なう必要があります。」

ご感想

他の情報