夏の富士山 すべての登山道が閉鎖へ 新型コロナ影響

(VOVWORLD) - 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、静岡県は、ことしの夏山シーズンは、富士山の静岡県側の3つの登山道を通行止めにすることを決めました。

すでに山梨県側の登山道も通行止めが決まっていて、ことしの夏山シーズンは、富士山のすべての登山道が閉鎖となります。

静岡県が通行止めにするのは、富士山の5合目から山頂までを結ぶ、静岡県が管理する御殿場ルート、須走ルート、富士宮ルートの、3つの登山道です。

夏の富士山 すべての登山道が閉鎖へ 新型コロナ影響 - ảnh 1        (写真:Kyodo/TTXVN)

 県は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、山開きを予定していたことし7月10日から9月10日までの2か月間、いずれも通行止めにすることを決めました。


県によりますと、3つの登山道をすべて閉鎖するのは、記録の残る昭和35年以降で初めてです。

また、静岡県側の山小屋もすべて休業となるということです。

山梨県側の吉田ルートの登山道なども通行止めにすることが決まっていて、これで、ことしの夏山シーズンは富士山のすべての登山道が閉鎖となりました。

また県は、現在、閉鎖中の5合目までの県道については、夏の期間も閉鎖するかどうか関係機関と協議を進めているということです。

県富士山世界遺産課は、「ことしは富士山は開山しません。山小屋も営業していないので、無理な登山はやめていただき、ことしは富士山を眺めて楽しんでほしい」と話していました。

ご感想

他の情報