外務省の定例記者会見

外務省の定例記者会見 - ảnh 1

21日、ハノイで開かれた外務省の定例記者会見で、「アメリカ商務省がベトナム産ナマズの加工品に対しこれまでの70倍に及ぶ反ダンピング税率を決定した」ことに関するベトナムの反応について、ルオン・タイン・ギー外務省報道官は次のように語りました。

(テープ)

「これは客観性が不足する不公平な決定です。私たちは、ベトナム企業がアメリカ市場でナマズ、冷凍魚及び他の水産物をダンピング販売をしなかったということを何度も強調しており、アメリカ商務省に対しベトナム産のナマズと他の水産物への反ダンピング課税を適用しないよう求めました。両国の貿易取引関係は、世界貿易機関の規定、及び自由貿易の精神に基づいて、公平的かつ客観的に検討されるべきだと思います」

ご感想

他の情報