外務省の定例記者会見

(VOVWORLD) - 9日午後、ハノイで、外務省の定例記者会見が行われ、レ・ティ・トゥ・ハン報道官は中東情勢などに関する記者団のインタビューに答えました。

イラクを含め中東地域で緊張がエスカレートしていることに関し、ハン女史は、深い懸念を表明するとともに、関係各側に対し、「武力行使を自制し、情勢を悪化せず、一般人を保護し、あらゆる衝突も国際法に従って平和的措置で解決するよう」呼びかけました。

中東地域に在留中のベトナム人の安全確保に関し、ハン報道官は、「自国民の安全確保を目指し、8日、ベトナム外務省はコミュニケを発表し、その中で、衝突の影響を受ける可能性がある国々に行くことを避けるよう勧めていると同時に、ホットラインを設置した」と明らかにしました。

ご感想

他の情報