外務省の定例記者会見

(VOVWORLD) -歴史的事実と国際法に反するすべての宣伝、広報活動は価値がなく、チュオンサとホアンサ群島を始め、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海に対するベトナムの領有権者、主権権、管轄権を変化させることはできません。
外務省の定例記者会見 - ảnh 1ハン報道官(TTXVN撮影)

8日午後、ハノイで行われた外務省の定例記者会見で、外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官はH&M、グッチ、シャネルといった世界的に有名ブランドが中国の要求に従って、自らのウエブサイトで、中国の地図を訂正することに同意することについて、次のように語りました。

(テープ) 

「歴史的事実と国際法に反するすべての宣伝、広報活動は価値がなく、チュオンサとホアンサ群島を始め、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海に対するベトナムの領有権、主権権、管轄権を変化させることはできません。ベトナムはこれらの企業に対し、チュオンサとホアンサ群島を始め、ベトナム東部海域に対するベトナムの領有権、主権権、管轄権を尊重するよう要請します」

一方、アメリカと欧州連合の幾つかのメンバーが、ベトナム東部海域、いわゆる南シナ海でのパトロール活動を強化したい意向があるという質問について、ハン女史は次のように語っています。

(テープ) 

「平和・協力・発展は、地域と世界各国の願望です。海上国際秩序の尊重、並びに、1982年国連海洋法条約の十分な履行は、重要な意義を持っています。ベトナムは、各国に対し、ベトナム東部海域の平和・安定・協力に貢献し、国際法、とりわけ1982年国連海洋法条約を履行し、DOC=海上行動宣言を厳守すると共に、この海域の状況を複雑化させないように自制し、COC=海上行動規範に関する交渉プロセスに有利な条件を作り出すよう呼びかけます。」


ご感想

他の情報