大統領選で混乱のアフガン 大統領と対立候補が連携し新政権へ

(VOVWORLD) - 大統領選挙の結果をめぐり混乱が続いてきたアフガニスタンでは、焦点となっていた選挙後の政権の在り方について、現職の大統領と対立候補が連携し、新たな政権づくりを進めることで合意しました。

政権では今後、反政府武装勢力タリバンとの停戦協議を実現させ、治安の悪化などの問題をどう解決していくかが課題となります。

アフガニスタンでは去年9月に大統領選挙が行われ、選挙管理委員会はことし2月、現職のガニ大統領が当選したと発表しましたが、これに対し、対立候補で政権ナンバー2だったアブドラ氏が「選挙は不正だ」と主張して対立が続いていました。

混乱が続く中、双方の関係者は17日、NHKの取材に対し、ガニ大統領とアブドラ氏が、閣僚や知事などの任命権などをめぐり、権限を分けあう形で連携し、新たな政権づくりを進めていくことで合意したと明らかにしました。

政権でアブドラ氏は、新たに設けられる「国家和解高等評議会」の議長に就任し、反政府武装勢力タリバンとの和平交渉などで指導的な役割を果たすということです。

アフガニスタンではことし2月、アメリカとタリバンが和平合意に署名したあとも戦闘が続いていて、新たな政権では今後、タリバンとの停戦協議を実現させ、治安の悪化などの問題をどう解決していくかが課題となります。

ご感想

他の情報