安保協力、コロナ禍でも推進 日米韓防衛当局が実務者協議

(VOVWORLD) -日米韓3カ国は13日、防衛当局の局長級協議をテレビ会議方式で開催しました。

新型コロナウイルスの感染拡大が各国の安全保障分野にも影響を及ぼす中、米海軍主催の多国間海上演習「環太平洋合同演習(リムパック)」の実施を含め、3カ国の連携を強化していくことで一致しました。

朝鮮民主主義人民共和国の核・ミサイル開発や、中国の海洋進出などをめぐっても意見交換しました。今後、テレビ会議方式の日米韓防衛相会談を調整することも確認しました。
3カ国の局長級協議は毎年持ち回りで開催しました。今年は東京の予定でしたが、新型コロナ対応のため対面方式は見送りました。日本の槌道明宏防衛省防衛政策局長、アメリカのヘルビー国防次官補代行、韓国のチョン国防政策室長が参加しました。

ご感想

他の情報