安保理のテレビ会議が始まる

(VOVWORLD) - 8日、ニューヨークの国連本部で「欧州で発生した第2次世界大戦終結後75年、将来の惨劇を防ぐための教訓、安保理の責任」と題する国連安全保障理事会の高級テレビ会議が行われました。
安保理のテレビ会議が始まる - ảnh 1     ミン副首相兼外相=VGP/Hải Minh

席上、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相は「第2次世界大戦を見て、覇権、弾圧、軍国主義は平和、自由への各民族の渇望を消滅できないことが分かった」と強調しました。

また、法の支配や国連憲章の遵守、とりわけ独立、主権、領土保全、平和的措置による紛争の解決、武力行使をしないことなどに関する原則はこの75年間にわたる平和の維持と世界大戦の防止に大きく貢献してきた。これは去る1月、ベトナムが主催した「国連創立75周年記念・国際平和と安全保障の維持を目指す憲章の遵守」という討論会の議長声明に盛り込まれた内容であると明らかにしました。

この機にミン副首相兼外相は第2次世界大戦で多くの犠牲を払ったアジア、欧州、アフリカ、特に旧ソ連の国民に感謝の気持ちを表明しました。さらに、各国は国際法を遵守し、団結と協力を強化して、平和と安定の維持に尽力していく必要があるとの見解を述べました。

ご感想

他の情報