安保理、マリ状況を討議

(VOVWORLD) - アメリカ時間の15日、ベトナムの国連常駐代表団の団長ダン・ディン・クイ大使は国連安全保障理事会を主宰しました。
安保理、マリ状況を討議 - ảnh 1

席上、アフリカ西北部の共和国マリの政治、安全保障状況や同国に展開している国連マリ多面的統合安定化ミッションの部隊の活動に関する国連事務総長の報告が行なわれ、今後の同部隊の活動計画について討議されました。

理事会で、クイ大使はマリの不安定な状況に懸念を示すとともに、一般人、安全保障勢力、国連マリ多面的統合安定化ミッションの部隊を標的にした攻撃を非難しました。また、マリの平和と安定の早期確立に対するアルジェ包括的和平協議にかかる和平・和解合意の重要性を強調したうえで、関係各国に対し、対話を継続して、一般人、とりわけ女性と子どもの保護に関する義務を遵守し、国連マリ多面的統合安定化ミッションや平和の維持を目指すマリ政府の努力を支持するよう呼びかけました。

ご感想

他の情報