安倍首相、憲法改正に触れる

1日、日本の安倍首相は年頭所感を発表し、「日本の『新しい国づくり』に向けて、大きな一歩を踏み出すべき時だ」と国民に呼びかけました。

安倍首相、憲法改正に触れる - ảnh 1
安倍首相(写真:AP)

世界の平和に貢献する「積極的平和主義」の必要性を強調したほか、憲法改正にも意欲を示し、「制定から68年になろうとする今、時代の変化を捉えた改正に向けて、国民的な議論をさらに深めていくべき」とし、改正に向けて議論を加速させていく考えを示しました。

昨年12月、外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」を発足させたことに触れ、「これまで以上に世界の平和と安定に積極的な役割を果たす」と強調しました。

 

 

 

ご感想

他の情報