対北朝鮮ワクチン支援 「南北間の直接協力も可能」=韓国統一部

(VOVWORLD) - 韓国統一部の当局者は15日、朝鮮民主主義人民共和国への新型コロナウイルスワクチン支援を巡り、南北が直接協力することも可能との認識を示しました。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は前日、「北が同意すれば、北へのワクチン供給での協力を積極的に推進する」と表明していました。当局者は、これに対する立場を問う記者団に「協力の形としては南北間の直接協力、グローバルレベルの協力があり得る」と説明し、さまざまな可能性を念頭に最適な方法を模索すると応じました。

当局者が言及した二つの方法は、韓国が朝鮮民主主義人民共和国に直接ワクチンを提供する方法と、ワクチンの公平な分配を目指す「COVAX(コバックス)」などの国際的な協力の枠組みに韓国が参加する形で北朝鮮にワクチンを支援する方法を指します。

この当局者は、新型コロナなどの感染症に共同で対応するため南北間の協力が必要だというのが政府の立場で、先の韓米首脳会談とG7=主要7カ国の首脳会議でも「ワクチン接種において疎外される国があってはならない」という国際的な共通認識が形成されたと説明しました。朝鮮民主主義人民共和国へワクチンを支援する環境が整ったため、韓国国内のワクチン需給状況や世論などを見極めながら支援策を講じていくことになると伝えました。(朝鮮日報)

ご感想

他の情報