対米交渉、制裁解除が先決=イラン大統領、関係改善へ対応促す

(VOVWORLD) -イランのロウハニ大統領は27日、首都テヘランで演説し、アメリカとの交渉の可能性について「まず最初にイランに対する不当な制裁を解除しなければ、施錠された扉は開かない」と述べ、原油全面禁輸などの制裁の解除が先決とする方針を改めて強調しました。
対米交渉、制裁解除が先決=イラン大統領、関係改善へ対応促す - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

トランプ大統領は26日の記者会見で、ロウハニ師との会談に「適切な状況が整えば応じる」と発言しました。対イラン外交に積極的なフランスのマクロン大統領は数週間以内の実現を目指す意向を示していました。9月下旬の国連総会が念頭にあるとみられます。

ロウハニ師は「両国関係改善のカギは、アメリカが握っている」と述べ、アメリカによる対応を促しました。また、トランプ氏が特に要求するイランの核兵器保有禁止についても、「われわれは核兵器や大量破壊兵器の開発を全く求めていない。その懸念は正しくない」と語りました。

ご感想

他の情報