「平和条約締結望む」=首脳会談前にロシア大統領

(VOVWORLD) -20日、ロシアのプーチン大統領は、今月末の大阪でのG20=20カ国・地域首脳会議に合わせて開催予定の安倍晋三首相との首脳会談を前に「シンゾウもわれわれも皆(日ロ関係の)完全な正常化と平和条約締結を望んでいる」と述べました。

国民とのテレビ対話後、記者団に語りました。

プーチン氏は日ロ首脳会談では「対話の継続」を期待していると表明しました。「何度も言っているが、ロシアは最終的な関係正常化を望んでいる。日本国民もロシア国民も関心があるし、われわれもこれを目指すつもりだ」と強調しました。

一方で平和条約交渉が進展すると「最終決断が先送りされるような問題がたびたび起きる」とも述べ、交渉の難しさもにじませました。プーチン氏は北方領土問題を含む平和条約交渉をめぐり、日米の軍事協力が障害となっているとの考えをたびたび示しています。

ご感想

他の情報