政府、FDIに関する会議を開催

(VOVWORLD) - 外国人投資家や、エコノミストらはベトナムを安全な投資先として評価し、新型コロナ感染症収束後、新たな投資ブームを迎える可能性があります。
政府、FDIに関する会議を開催  - ảnh 1         (写真:VGP)

22日午後、政府本部で、グエン・スアン・フック首相の主宰のもと、FDI=外国直接投資の現状と今後の展望に関する政府の会議が行われました。会議で発表された報告によりますと、外国人投資家や、エコノミストらはベトナムを安全な投資先として評価し、新型コロナ感染症収束後、新たな投資ブームを迎える可能性があります。

現在、IT情報技術や、ハイテク、電子商取引、ロジスティクス、小売業などに携わる多くの外国企業はベトナムにシフトしようとするということです。

フック首相は、ベトナムへ外資をさらに誘致するための政策の制定・実施や、自国のメリットの活用、思考の刷新などの重要性を強調するとともに、関連各省庁・機関に対し、国内企業を含む各企業に有利な条件を作り出していくよう指示しました。

ご感想

他の情報