新型コロナ対策規制、全米50州で部分解除 リスク再発の恐れも

(VOVWORLD) -(CNN) 新型コロナウイルス対策のロックダウン措置が、20日までに米国の全50州で部分的に解除されました。

しかし感染率の大幅な改善が見られるのはわずか数州のみです。専門家からは、時期尚早だと指摘する声もあります。

最後まで残っていたコネティカット州は20日から規制緩和に着手し、小売店や飲食店の営業再開を許可しました。

しかし新型コロナウイルス感染のリスクは依然として残ります。

米ジョンズ・ホプキンス大学の統計によりますと、20日午後の時点で少なくとも18州は、1日当たりの平均の症例数が、その前の7日間に比べて10%以上の上昇傾向にあります。

1日当たりの平均の症例数が10%以上減少したのはわずか17州のみです。残る州は横ばいか、横ばいに近い状態にあります。

ご感想

他の情報