日中外相電話会談 茂木大臣“深刻な懸念を伝達” 中国はけん制

(VOVWORLD) - 日本の茂木外務大臣は中国の王毅外相と電話で会談し、海警局に武器の使用を認めた「海警法」の施行などの覇権的行動や、新疆ウイグル自治区をめぐる人権問題などについて深刻な懸念を伝え、具体的な行動を強く求めました。
日中外相電話会談 茂木大臣“深刻な懸念を伝達” 中国はけん制 - ảnh 1     日本の茂木外務大臣=asia.nikkei.com

電話会談は、中国側からの申し出で、5日午後6時ごろからおよそ1時間半にわたって行われました。

この中で茂木外務大臣と王毅外相は、日中両国がともに責任ある大国として、地域や国際社会に貢献していくことの重要性を確認したうえで、来年の日中国交正常化50周年に向けて、幅広い分野で交流が進むことに期待を示しました。

一方で茂木大臣は、中国が海警局に武器の使用を認めた「海警法」を施行するなど、東シナ海や南シナ海で海洋進出を強めていることや香港情勢、それに新疆ウイグル自治区をめぐる人権問題について深刻な懸念を伝え、具体的な行動を強く求めました。

また、会談では、新型コロナウイルス対策や気候変動問題で対話を深めていくとともに、北朝鮮の非核化に向けた連携を確認し、国連安保理決議の完全な履行の必要性で一致しました。(NHK)

ご感想

他の情報