日本事務次官、中国入り

 日本政府による沖縄県の尖閣諸島の国有化に中国政府が激しく反発するなか、日本外務省の河相事務次官が事態打開の糸口を探るため、中国に派遣され、25日午前から、北京で中国外務省の張志軍次官と会談しています。

 中国政府は、日本政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化したことに激しく反発し、27日に北京で予定されていた日中国交正常化40年を記念する式典が、中国側の意向で中止になったほか、中国共産党幹部の日本訪問も、急きょ取りやめになりました。こうしたなかでの会談で、河相次官は、尖閣諸島を国有化した経緯や背景を改めて説明して理解を求めるとともに、この問題が日中関係全体に影響を与えるのは好ましくないとして、大局的な観点から冷静に対応するよう働きかけることにしています。しかし、中国側は、今回の会談は、あくまでも日本の求めに応じたものだとしたうえで、「日本側に、誤りをただし、関係改善に努力するよう要請する」として、厳しい姿勢で臨んでいます。

 

ご感想

他の情報