日本政府「見誤った対応」韓国側に抗議 日韓対立深刻さ増す

(VOVWORLD) -韓国が軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」(ジーソミア)の破棄を決めたことを受けて、日本政府は「安全保障環境を見誤った対応で、全く受け入れられない」として韓国側に抗議しました。
日本政府「見誤った対応」韓国側に抗議 日韓対立深刻さ増す - ảnh 1    河野外務大臣(写真:Kyodo/TTXVN)

日本政府としては、ミサイルなどの発射を繰り返す北朝鮮への対応に支障が出ないよう、引き続きアメリカとの連携を強化することにしていますが、安全保障分野にまで波及した日韓の対立は、打開の糸口が見いだせないまま、深刻さを増しています。

日韓関係が悪化するなか、韓国政府は22日、軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」を延長せずに破棄することを決めたと発表しました。

政府内では、日本側だけでなく、両国と同盟関係にあるアメリカも協定の継続を求めていただけに「想定外で残念だ」という受け止めが大勢です。

河野外務大臣は22日夜、韓国のナム・グァンピョ駐日大使を外務省に呼び「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、全く受け入れられるものではない」として、抗議しました。

与党内からも、自民党の中谷・元防衛大臣が「極めて非常識で失礼な決断だ」と述べるなど、韓国側を批判する声が相次いでいます。

政府内では、アメリカとの連携で、協定の破棄による安全保障上の影響は限定的だという分析がある一方、北朝鮮が短距離弾道ミサイルなどの発射を繰り返すなか、韓国との間で機密情報を迅速にやり取りできなくなるなどといった懸念も出ています。

このため、日本政府は協定を結んだ2016年11月よりも前の状況に戻らざるをえないとして、北朝鮮への対応に支障が出ないよう、引き続きアメリカとの連携を強化していくことにしています。

また、韓国に対しては、今後の動向を冷静に見極めたうえで、日米韓3か国の連携の重要性について、改めて理解を促すことにしています。

一方、政府は太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題では、韓国側に国際法違反の状況を速やかに是正するよう求めるとした、従来の姿勢を堅持する方針で、安全保障分野にまで波及した日韓の対立は、打開の糸口が見いだせないまま、深刻さを増しています。

ご感想

他の情報