日韓防衛相が久々の接触 「シャングリラ会合」が開幕

(VOVWORLD) -5月31日、アジアの安全保障などについて議論する国際会議が、シンガポールで始まり、アメリカの国防トップと会談した中国の国防相は、アメリカの台湾政策について不快感を示しました。

シャナハン国防長官代行と魏鳳和国防相は、アジア安全保障会議に合わせ会談し、魏国防相は、アメリカの軍艦による台湾海峡通過などについて、「断固とした反対」を表明しました。

アメリカ国防総省によりますと、シャナハン国防長官代行は朝鮮民主主義人民共和国制裁の履行について、アメリカ軍がどのように協力ができるか話し合ったといいます。

一方、岩屋防衛相は、31日夜、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と、韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題後、初めて接触しました。

岩屋防衛相は、「あしたお会いできるといいですねというお話をした。(会談は調整中?)そうですね、お目にはかかれると思う」と話しました。

日韓双方は、6月1日、正式に面会するか調整を進めています。

ご感想

他の情報