有権者、国会議員の質疑応答に賛成

(VOVWORLD) - 6日午前、ハノイで開催中の第14期国会第10回会議の質疑応答が国内各地の有権者の注目を集めました。
有権者、国会議員の質疑応答に賛成 - ảnh 1

情報通信大臣の質疑応答に関し、北部山岳地帯ラオカイ省、ラオカイ市の有権者グエン・チョン・バオさんは今年中、各省庁、部門がオンライン公共サービスの30%を4レベルで提供するという目標が達成されるとの確信を示し、次のように語りました。

(テープ)

「これを実現するため、私たち市民は情報のアップデートや技術使用能力の向上を進めなければなりません。国家行政機関の行政手続きのオンライン化に集中する傍ら、市民の認識向上を目指す宣伝啓蒙を推進していく必要があります。各地方が実状に見合った公共サービスのオンライン化に尽力すれば、この目標は年内に達成されると思います。」

一方、有権者らは最高人民裁判所のグエン・ホア・ビン長官の質疑応答に賛成の意を示しました。ソンラ省の住民の一人は次のように話しました。

(テープ)

「国会議員と最高人民裁判所、最高人民検察院の質疑応答を通じて複数の大規模な汚職事件が裁判になったことが分かり、とても喜んでいます。一方、質疑応答は質問時間が短縮され、回答時間が延長されたことは適切だと思います。」

ご感想

他の情報