朝鮮の国営メディア、鉄道発射型ミサイル2発を試射と発表 

(VOVWORLD) -朝鮮中央通信によりますと14日の試験発射は、平安北道の鉄道機動ミサイル連隊の練度を確認、判定することが目的です。
朝鮮の国営メディア、鉄道発射型ミサイル2発を試射と発表  - ảnh 1去年9月に朝鮮が初めて列車からの発射を行ったミサイル( KCNA/TTXVN撮影)

朝鮮民主主義人民共和国は「鉄道機動ミサイル連隊」が14日、発射訓練を行い、「2発の戦術誘導弾が日本海に設定された目標に命中した」と発表しました。国営メディアが明らかにしました。

朝鮮中央通信によりますと14日の試験発射は、平安北道の鉄道機動ミサイル連隊の練度を確認、判定することが目的だったということです。

15日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は北西部ピョンアン北道の「鉄道機動ミサイル連隊」が14日、発射訓練を行ったと伝えました。
これについて韓国の通信社、連合ニュースは、去年9月に朝鮮が初めて列車からの発射を行った時と同じ種類のミサイルで、低空で飛行し変則的な軌道で落下する、ロシアの短距離弾道ミサイル「イスカンデル」を改良したものだとの見方を伝えています。
一方、アメリカのブリンケン国務長官は14日、韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)外相と電話で会談し、北朝鮮の相次ぐ発射は、国連安全保障理事会の決議違反だと非難したうえで、日米韓3か国の協力の重要性を強調しました。

ご感想

他の情報