朝鮮、スウェーデン政府提案の米朝再協議に懐疑的

(VOVWORLD) -朝鮮民主主義人民共和国国営のKCNA=朝鮮中央通信は6日、外務省報道官談話を発表し、週末の米朝実務者協議決裂を受けてスウェーデン政府が2週間後の再協議を提案していることについて、アメリカが代替案を持ってくることはないとの認識を示しました。

5日にスウェーデンで行われた協議は物別れに終わりました。ただ、米国務省は、2週間後に再協議するというスウェーデン政府の招待をアメリカ側は受け入れたと説明しました。

朝鮮民主主義人民共和国は、ボールはアメリカ側のコートにあり、アメリカが対応を変えるのに年末までに限り待つと警告しました。外務省報道官は「アメリカがDPRK(朝鮮民主主義人民共和国)に対する敵対政策の完全かつ不可逆的な撤回に向けて本質的な措置を取る前に、今回(スウェーデンで)行ったような不快な協議を持つつもりはない」と述べました。

スウェーデンのリンデ外相は今回の米朝実務者協議について、「続いていた限りの間は」建設的だったと指摘しました。同国の公共放送「SVT」に対し、「1回の協議で達成する内容について幾分見解が異なったのだと思う」とし、米朝が再協議を決めればスウェーデンが再び開催地になることが可能だと付け加えました。その上で、「再協議は可能だと思うが、それは完全に米朝両国次第だ」と述べました。

ご感想

他の情報