朝鮮、人民武力相に金正官氏 次官から昇格

(VOVWORLD) -朝鮮民主主義人民共和国の人民武力相(国防相に相当)が交代し、次官を務めていた金正官氏が新たに就任したことが22日、判明しました。
朝鮮、人民武力相に金正官氏 次官から昇格 - ảnh 1         (写真: Yonhap)
朝鮮中央通信が同日、山林復旧などに関する会議の開催を伝える記事で、同氏を人民武力相として紹介しました。
報道によりますと、金正官氏は陸軍大将です。昨年末の朝鮮労働党中央委員会総会では政治局員候補に選出されていました。韓国メディアは、同氏が東部・元山の「葛麻海岸観光地区」の建設などを指揮し、「功労が認められた」と指摘しています。
人民武力省は軍外交や財政、補給を担当し、これまで努光鉄氏がトップを務めていました。昨年12月に報じられた党中央軍事委員会拡大会議では、中央軍事委員の解任や補選、軍関係機関の指揮官の人事などが行われましたが、詳細は不明でした。

ご感想

他の情報