朝鮮戦争勃発から70年 韓国 ムン大統領 現状への言及はせず

(VOVWORLD) -韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、朝鮮戦争が勃発してから70年となる25日、式典で演説し、休戦状態にある戦争を終わらせるために努力するよう朝鮮民主主義人民共和国に呼びかけました。

一方で、南北の共同連絡事務所を爆破するなど北朝鮮が韓国に揺さぶりをかけていることについては言及しませんでした。

朝鮮戦争の勃発から70年となるのに合わせて、韓国では25日夜、ソウル近郊の軍用空港で式典が開かれ、DNA鑑定によって、新たに韓国軍兵士のものと判明した147人分の遺骨がアメリカ側から韓国側に返還されました。

式典で演説したムン・ジェイン大統領は朝鮮半島が現在も休戦状態にあることを踏まえ、北朝鮮に対して「世界の歴史で最も悲しい戦争を終わらせるための努力に、大胆に乗り出すことを望む」と呼びかけました。

朝鮮民主主義人民共和国は先週、南北の共同連絡事務所を爆破する一方、軍が提起した軍事計画を保留するなど韓国に揺さぶりをかけていますが、演説ではこのことには言及しませんでした。

韓国の通信社、連合ニュースは、ムン政権のねらいとして、平和と繁栄のために南北が交流し協力しなければならないという政策に揺るぎはないことを示し、朝鮮民主主義人民共和国を対話のテーブルに引き戻そうとしていると伝えています。

一方で、ムン大統領は演説の中で韓国の経済力や軍事力の高さも強調していて、韓国側の出方を見極めようとする朝鮮民主主義人民共和国が、どういった反応を示すのか、注目されます。

ご感想

他の情報