朝鮮「新型戦術誘導弾」発射と発表 国連安保理が対応協議へ

(VOVWORLD) -朝鮮民主主義人民共和国は25日のミサイル発射について「新型戦術誘導弾」の発射実験だと発表しました。
朝鮮「新型戦術誘導弾」発射と発表 国連安保理が対応協議へ - ảnh 1(写真:Yonhap/TTXVN)

アメリカのバイデン大統領は国連安全保障理事会の決議に違反するという認識を示し、安保理の北朝鮮制裁委員会が緊急の会合を開いて対応を協議することにしています。

朝鮮民主主義人民共和国は26日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」を通じて新たに開発した「新型戦術誘導弾」の発射実験が行われたと伝え、25日の発射について公式に発表しました。

それによりますと、発射されたのは2発で、弾頭の重量を2.5トンに大型化し、朝鮮半島から東に600キロ沖の日本海上の目標を正確に打撃したと主張しています。

掲載された画像にはキム・ジョンウン(金正恩)総書記の姿はなく、発射に立ち会わなかったとみられます。

これについてアメリカのバイデン大統領は25日、就任後初めて開いた記者会見で国連安全保障理事会の決議に違反するとしたうえで「北朝鮮が事態をエスカレートさせるならば、相応の対応をする」と述べて警告しました。

アメリカ政府は、国連安保理の北朝鮮制裁委員会に緊急の会合の開催を要請し、これを受けて制裁委員会は日本時間の26日夜遅くにオンラインで非公開の会合を開いて対応を協議することにしています。

ただ、これまで制裁の緩和を求めてきた中国やロシアを含めて一致した対応をとれるかは不透明です。(NHK)

ご感想

他の情報