朝鮮民主主義人民共和国、来日見送り 世界柔道と五輪会議

(VOVWORLD) -朝鮮民主主義人民共和国が東京で25日に開幕する柔道の世界選手権に選手団の派遣を取りやめる方針を日本側に伝えてきたことが17日、分かりました。

2020年東京五輪の参加予定国・地域を対象とした団長会議についても、当初は出席予定だった元吉友体育次官ら3人が一転して、日本側に来日を見送る意向を伝えています。複数の関係者が明らかにし、ともに理由は不明です。

日本政府は独自制裁で朝鮮民主主義人民共和国国籍保有者の入国を原則的に禁止していますが、団長会議などはスポーツ関連の例外扱いとして入国を認める方針でした。柔道の世界選手権は五輪会場となる日本武道館で9月1日まで開催されます。

東京都内で20~22日に開かれる団長会議には、日本在住の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者で朝鮮民主主義人民共和国オリンピック委員会のアタッシェを務める人物が出席するとみられます。

団長会議は大会組織委員会からの準備状況の説明や、メインスタジアムとなる新国立競技場の視察などが予定されています。

ご感想

他の情報