朝鮮、避難ビラ問題で警告


朝鮮中央通信によりますと、朝鮮民主主義人民共和国の「北南高位級接触代表団」は12日、談話を発表し、韓国民間団体が10日に行った朝鮮民主主義人民共和国の体制批判ビラの散布に関し、「重大な挑発が続く限り、わが軍隊と人民の対応はより強いせん滅的な物理的攻撃につながるだろう」と警告した。

談話は4日の朝鮮民主主義人民共和国の高官による韓国訪問に触れ、「南北関係改善の新たな歴史を記そうというわれわれの真意を深く胸に刻み、水を差す妄動を働いてはならない」と主張し、「まだ選択の機会はある」として、10月末から11月初めで合意した韓国との高官協議の開催に含みを残しました。

 

ご感想

他の情報