「核廃絶は人類の約束」 被爆者に敬意の拍手―75回目、長崎原爆の日

(VOVWORLD) -長崎は9日、75回目の原爆の日を迎えました。爆心地に近い長崎市松山町の平和公園では、市主催の平和祈念式典が営まれ、被爆者や遺族、安倍晋三首相ら800人が参列しました。

「核廃絶は人類の約束」 被爆者に敬意の拍手―75回目、長崎原爆の日 - ảnh 1   式典に参列した生徒たち 

   (写真:NHK/VOV.VN)

式典には68カ国や国連、欧州連合(EU)の代表も参列しました。遺族らは7月末までの1年間に新たに死亡が確認された3406人の名簿を奉安し、参列者は原爆投下時刻の午前11時2分、鐘の音に合わせて1分間黙とうしました。

田上市長は平和宣言で、核保有国による核軍縮の約束をほごにする動きや高性能核兵器の開発などにより「核兵器が使用される脅威が現実のものとなっている」と強調しました。来年開催予定の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、実効性のある核軍縮の道筋を示すよう求めました。

(時事)

ご感想

他の情報