欧州企業、ベトナムの経営環境を楽観視

(VOVWORLD) - 4月30日、在ベトナムヨーロッパ商工会議所(ユーロチャム)はベトナムに進出している欧州企業を対象に実施した2021年第1四半期業況判断指数いわゆるBCIの調査結果を発表しました。

これによりますと、2021年に入り、ベトナムに進出している欧州企業がベトナムの貿易・投資・経営環境を楽観視していることはわかりました。具体的には、同期のBCIは73.9ポイントとなり、2019年第3四半期以来、最高値を記録しています。また、経営投資環境に関する楽観度は47ポイント上昇しています。

今年第2四半期におけるベトナム経済の見通しについては、企業の67%が「安定・改善する」と答え、第1四半期と比べ、12%増加しています。欧州企業の見通しに関して、3分の2以上(約68%)は「注文量と年商が増える」と回答し、2020年第4四半期比で、25%増となっているということです。

ご感想

他の情報